'."\n";?> うさぎの飼い方としつけ 6つのポイント

うさぎの飼い方としつけ



うさぎのしつけの基本

基本的にうさぎはしつけが難しい動物と言われます。

これが性格や本能に関することになると、しつけることは不可能です。例えば、モノをかじるのを止めさせることはできません。

従って、かじられて困るようなモノは近くに置かないなど、飼い主が対策するしかありません。

また気に入らないことがあると噛み付くとか暴れるとかのうさぎもいますが、これも性格なのでしつけで変えることは困難です。

しかし、うさぎと一緒に暮らす上で、しつけは飼育の重要なポイントです。抱っこなどの基本的なしつけができていないと、コミュニケーションやスキンシップどころか、体の手入れをすることもできません。

> あなたのうさぎは名前呼ぶと寄ってきてくれますか?

うさぎは賢い動物ですから根気よくしつければ必ず覚えます

うさぎは賢い動物です。時間はかかりますが、根気よくしつければ、いいことも悪いこともちゃんと理解してくれます。

教えたことを上手にできたら、体を撫でてペレット(粒状の餌)やおやつを与えます。トイレがうまくできたら褒めて、ペレットやおやつを与える。

名前を読んで来たら、そのときも褒めて、ペレットやおやつを与える。芸をしたら褒めて、ペレットやおやつを与えるなど、褒める行為を繰り返し実行してみましょう。

その際、ペレットやおやつはうさぎを抱いて与えたり、ペレットやおやつを手で与えたりしてください。抱かれることや、触れられることを嫌がらなくなります。

悪いことをしたら、叱ることも大事です。その場合は、言葉より、スリッパ・雑誌・新聞紙などで床をたたいて大きな音を立てると静かになります。

体を直接ぶったりしてはいけません。そんなことをすると、中には噛みつくようなうさぎもいます。

スポンサードリンク